最近気になる我が家の外壁塗装

我が家も新築して6年ほど経過していますが、かつてはとても綺麗だと感じていた外壁も、年数劣化でだんだん白くくすんできたような気がします。しかも、外構を作った時にコンクリートや砂利などを混ぜ合わせる作業を家の近くでしていた為か、水染みのようなものができてしまい、それがなかなかとれないようになってしまいました。

もともと他のお宅などは外壁も色付きのものをそのまま購入したようですが、我が家では好みの色の物がサンプルになかったので現場塗装になってしまいました。艶なども普通のお宅よりも控えめにしているので、お洒落には見えますが耐久性としては微妙な気がします。汚れ取りのプロ仕様の洗剤なども一応は購入してあるのですが、なかなか取り組む暇もなくそのまま気にしているだけの状況です。

こちらとしては少し気になり始めた頃に、外壁塗装の業者が訪ねてきた事があります。内心気になっていただけに、業者から見てもそろそろ外壁塗装をした方が良い状態なのかと思い、塗装も早めにした方が良いかもしれません。しかし、外壁塗装をするとなればかなりの費用がかかりますし、以前のようにあまり艶もなく耐久性も微妙な外壁塗装剤を使われてしまうと、結果的にまた早く塗装し直さなければならない事もあり、実際に業者に依頼するにも色々と考えてしまいます。

値段は若干高めではあるでしょうが、最低でもシリコンウレタン塗装くらいはしたいですし、メリットの高そうな外壁塗装剤を使いたいと思っています。以前塗装した時の塗装剤などの種類は確認できていませんが、それよりは良い種類の塗装剤を使いたいと思います。実際に外壁塗装の業者が来たのは全世帯かもしれませんし、あまり気にせずに細かくチェックしながら、必要な時期に外壁塗装を行えば良いと今は思います。

悪徳外壁塗装業者に注意!!

自宅や持っているマンション、アパートの外壁塗装。外壁塗装には注意しなければいけない事がいっぱいあるので、そのポイントについて書いてみたいと思います。まず最初は何の連絡もなくいきなり家にやって来る営業マンの場合です。次に、極端に値引きをしてくる業者。予算をかなりオーバーしていると言うと、40万とか50万とか値引きを平気でしてくる業者。次は他の会社のデザインを使ってそのまま工事しようとする業者です。車のナンバーを見て悪徳業者かどうかも判断出来ます。

会社は他の所にあるのに、営業所が市内にあるとかウソをつく業者が中にはいます。ナンバーを見れば一目瞭然です。それに、朝やって来るのが遅くて帰りも遅いなどの時間がまちまちな外壁塗装業者も要注意です。なぜなら遠くから来ている業者は経費がかかるので、早く終わらせたい・・。でも朝早くから遅くまではやりたくないですよね?じゃあどうするかと言いますと、手抜き工事をするのです。

最近ではいきなりやって来るというのだけが危険なわけでなく。ネットにも危険は潜んでいます。施行済みの家の画像をトップページにいっぱい載せているとか、営業所の住所だけ載っていて電話番号が書いていないなどはその場所に本当に営業所があるのかをネットの住所検索すれば分かりますのでやってみた方がいいでしょう。

また、足場からの不審者の侵入を24時間体制で職人に常駐させるのも遠くから来ていて経費削減のためにやる事で、近くに営業所があれば営業マンがそれをするはずなので要注意です。チラシの場合はとにかく安いとういう事が書いてあって、一番注意した方がいいのは足場の代金がタダというものです。足場というのは外壁塗装になくてはならないもの。その代場を設置するのはほとんど塗装職人がやるので、きちんとした足場屋がするわけでありません。その職人がやるのをタダというのは手抜きするという事を意味しているのです。